03 11月

建設業の仕事をするために必要なこととは

Posted by Comments off

建設業の仕事をするには多くのお客様に信頼される必要があり、お客様のニーズに合った住宅物件を建設する必要があります。建設関係の仕事をするためには許可が必要で、ある程度の能力や実績が必要です。
建設業の仕事をするには依頼主と相談して今後の工事の計画や内容を考える必要があり、工期やかかる費用を確かめて報告する義務があります。建設関係の仕事は信頼関係を重視する必要があり、お客様の要望を把握してから最適な方法を提案すると効果的です。
建設業では最新の工法などを把握して公共工事をスムーズにする必要があり、定められた工期を正しく守る必要があります。建設関係の仕事をするためには新しいアイデアを考えて最適な方法を決めることが求められるために、最新の情報を把握して順応できるようにすることが求められます。
建設業で仕事をするために必要なこととは信頼関係を強化する必要があり、求められているニーズを把握して最適な方法を考えることが重要です。
建設業許可に特化した東京の法務事務所です。

カテゴリー: 未分類
タグ:
01 11月

東京五輪開催で建設業界の実情は、

Posted by Comments off

東京五輪開催で建設業界の実情は、

アベノミクスによる公共事業の復調傾向に伴って、建設業界が久々の熱気に沸いているといわれます。
数年後の東京五輪開催、2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の建設など、追い風が続いているようです。

その一方で、労務費や円安で資材費の高騰が業界の懸念材料となっており、各地の公共工事では入札不調も相次いでいるのは、ニュースでも報じられています。
ある業界専門誌によると、「浮かぶゼネコン 沈むゼネコン」と題した特集記事もあり、建設業界の主役であるスーパーゼネコンの経営現状をどう見ているのかでは、大手5社の共通した思惑として、「雲の脇からお日様が覗いているような、最近になって変わった」というのが実感らしい。

ただ、民間請負や地方の建設工事は、激烈な競争が続いているとされ、本当にそんな値段でできるのかと思うような値段で、仕事を取っている会社があるといい、ほかの業界から見たら建設業界の利益率は高くない。
つまり、供給過剰の構造が基本的には解消されていないという。

実際に東京五輪が決まったのは、確かにプラスに動くが、しかし、すぐ仕事が出てくるわけではなく、早くても工事を発注できるのは2年後とされている。
又、リニアは工事は土木、建築とも、ボリュームはあるが、かなり長期間の工事なのでもろ手を挙げて喜ぶような状況ではない。
建設業界としては、ニコニコ、ウハウハと思いきや、内実は、「いや、そうでもありませんよ」というのが実情らしい。

カテゴリー: 未分類
タグ: